カテゴリ
イラスト
WORK
DESK TOP
Love Printedmatter
LINK
Contact
copyright © masashi shimizu
以前の記事
2015年 09月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 11月 ( 23 )   > この月の画像一覧
Impermanence of all things
e0091323_1344890.jpg


チワス。最近デザインしたCDです。ちょっと前のblogに書きました、某世界的フィールドで活躍するDJ、DJ威蔵(IZOH)君のmix CDです。彼、スゴイっすよ。なんつったって世界のバトルDJの祭典DMCの国内予選(つってもこの段階でかなりの実力ないとまず無理)で優勝しまして、んで、DMC WORLD(世界大会)の日本代表として出場し、各国のスクラッチバカ代表たちとバトルを繰り広げなんと世界3位になっちゃったんですからね。ス、スンゲー!今年は今年で、WMC DJ SPIN-OFFって世界大会で優勝したみたいで、要はスゲーDJなんですよ。そんな彼が所属するレーベル「VINYL FORCE」のトータルアートディレクションを今年からgaimgraphicsで担当することになり、水面下でいろいろやっております。そんな威蔵君のmix CD「STORY vol.2」が発売しました。もう直球のドHIP HOPです。威蔵君の男気あふれるスクラッチの嵐!だいぶ硬派で、メインストリーム好きな人なら避けては通れない内容となっております。彼の様なHIP HOP愛に溢れていて、かつものすごいスキルの持ち主のDJって、最近だとマレだったりもします。貴重な存在だと思うし、これからも止まらずに突っ走って欲しいっす。

more info : www.vinyl-force.com
[PR]
by amserone | 2007-11-30 14:02
Impermanence of all things
e0091323_13245883.jpg


さすがにオフィスの冷え込みがキツくなってきました。最近、久しぶりに本を立て続けに読んでいます。「読む」事によって気づかされるんですけど、「読む」って結構大切な事だと思います。ビジュアルありきのもの(マンガ、映画、アニメ、画集などなど)を好んで観たりするんですけど、本を読む、活字を読むって事とは根本が違う気がします。活字を追う事で、その話だったり、記事だったり、主張だったりを理解しようとするんですけど、その理解をするって事イコール、だいぶ思考をめぐらせる結果になっております。いわゆる読み解くって事なんすかね。ビジュアル先行のモノがもちろん職業柄好きなんですけど、活字のみだからこそできる対活字へのコミュニケーション。そこがうまくいくと感動できるんじゃないんすかね。まぁ、その読み物がおもろいってのが前提なんですが。言いたい事が自分でも良くわからないけど、本はいいなと。ふと思ったのです。ちなみに最近映画にもなった、奥田英朗・著の「サウスバウンド」読んでます。おもろい。
[PR]
by amserone | 2007-11-29 13:40
Impermanence of all things
e0091323_13564986.jpg


cloudy wednesday. 河原へ行きたい。
[PR]
by amserone | 2007-11-28 14:01
Impermanence of all things
e0091323_13152733.jpg


「至福」の時間でした。乙一 X JoJoの話です。あっという間の約380ページ。ページをめくる手が止まらなかった。完全に僕は舞台となった架空都市、「杜王町」を俯瞰で眺めていました。今回のいわゆる「敵」がかなり悲しいバックグラウンドを背負い、その因果のために世間一般からは「悪」と見なされてしまい、丈助達と闘う様は、悲しかった。だいぶ悲しい話だった。ただ、読み終わった時の満足感は凄まじかった。乙一のJoJo愛を感じました。要はめちゃおもろかったって事。デザイン、内容共にイケてる小説、ここに誕生。
[PR]
by amserone | 2007-11-27 13:30
Impermanence of all things
e0091323_1483896.jpg


先週の土曜、めちゃいい天気の日に野球しました。JUCO君に誘われて、東村山のグランドまで。朝は早いし、ぶっちゃけ遠かったけど、最高でした。僕はポジションだと、ショートへの憧れがずっとありました。1番動けて、肩強くて、うまいやつが守る場所なのです。チームの監督さんは僕のアップを見て、ショートにしてくれました。相手チームもこっちのチームも全員がユニフォーム姿で、ジャージにパーカーにスニーカー姿は僕だけで逆に恥ずかしかったけど、めちゃくちゃ楽しかった。とにかく最高でした。試合はこっちチームが大差で勝利。願いが1つかなった日でした。JUCO君、サンクス。来年はマジでもっとやろうと思ったのです。そして言うまでもなく、まだ筋肉痛です。
[PR]
by amserone | 2007-11-26 15:13
Impermanence of all things
e0091323_172511.jpg


憧れる職業ってそれぞれあると思います。きっとデザイナーやイラストを描いたりしていなかったら、憧れていると思います。きっと無いものねだりです。そんなもんです。僕は小説を読む度、といってもいい諸説を読んだ時に限るけど、もし僕が小説家だったら?と想像してしまいます。小説家への憧れです。言葉ですべてを表現して、読み手に感動を与える。素晴らしいな、と思うのです。そこには役者もセットも必要ありません。場所も選びません。想像力さえあればいいんです。「ここは宇宙」と書けば、「そこ」は「宇宙」です。今、一冊の小説を読んでます。それは乙一 X 荒木飛呂彦による、JoJoの奇妙な冒険のノベライズ版。構想ウン年と聞きます。乙一曰く、2000枚の原稿用紙をボツにしたそうです。本来、26日発売なんですけど、なんでかすでに手に入れ、読んでいます。乙一はかなりのJoJoマニアだったそうで、この本のために多くの時間を費やし、一時期は金がそこをついたそうです。で、しょうがないから別の仕事をしたそうです。何冊か乙一の小説を読んだことあるけど、彼の小説好きだったから、期待がすごかった。舞台は僕の1番好きな「第4部」。すでに半分を読み終えたけど、相当おもろい。乙一やるなー。JoJo好きは避けては通れないと思います。装丁も素晴らしく、思いが伝わってきます。そしてその装丁にはある意味があるのです。ああ、話は冒頭に戻り、憧れの職、小説家もいいけど、1番はスタンド使いになりたい。ってスタンド使いは職業じゃねーか。
[PR]
by amserone | 2007-11-24 17:18
Impermanence of all things
e0091323_13244693.jpg


毎日寒さがアップデートされてます。日に日に増す寒さに自宅でも週末にでもストーブ出して、掃除しなきゃなーと思っております。数年前にブリティッシュメイドのナイスなストーブブランド、アラジン社のストーブを購入しました。暖をとるなら断然灯油です。エアコンの暖房は乾燥しちゃって好きじゃないです。灯油のストーブならやかん置いて加湿できるしすぐコーヒーとか飲めるし、ジャガイモとか焼けるし便利。このアラジンのストーブはデザインもだいぶナイスで、今の家電にはないいわゆるアンティーク感満載で、掃除とかメンテナンスとか灯油買いとかめんどいけど、それ込みで素敵です。いろいろ便利になってる昨今ですけど、こーゆーグッズは無くならないで欲しいなと思うのです。便利がすべてでは無い。
[PR]
by amserone | 2007-11-22 14:34
Impermanence of all things
e0091323_1348324.jpg


最近、立て続けにはっきりと悪夢を観ている。3日前の夢、マンガ「GANTS」の様な世界観で、なんか知らんけど、知らん土地で妖怪の大群と闘うことに。めっさ、多いしクソ怖い。一応、こっちには抵抗する術があったんだけど、みんなパニックになっちゃって逃げまくった。妖怪怖い。2日前の夢、ジャマイカにもう1度行く。ただ今回はゲトーに放り込まれちゃって、めっさ怖いギャングと共にしばらく生活を。途中、銃での抗争や、ヤバイブツの取引なんかに巻き込まれまくりで、生きた心地しなかった。撃たれたし。アウトロー怖い。昨日の夢、山で迷子になっちゃって、なんとかたどり着いたのが、いかにも出そうな民宿の様な、古いホテル。ばあさん1人で経営してたんだけど、疲れて寝ようと思ったら、化けネコに、しかも2匹に襲われた。夢ん中で腰が抜けた。お化け関係、怖い。とバラエティーに富んだ怖い夢。疲れてるんすかね。。。
[PR]
by amserone | 2007-11-21 14:00
Impermanence of all things
e0091323_157866.jpg


動物と人間の友情モノってズルい。結構、何観ても泣かないほうなんですけど、昨夜月曜映画でやっていた「ホワイト・ファング」って映画でまんまとやられた。イーサンホークが主演だったんだけど、ざっくり言うと狼と犬のハーフと、主人公の炭坑堀の少年との友情のお話。おそらくゴールドラッシュのころのアメリカが舞台。深夜一人感動してしまった。めちゃくちゃハッピーエンドで、ベタな感じだったけど、全然OK。その犬が強くて、さやしくって、泣かせる。小さい頃飼っていた犬(もち雑種)を思いだしてしまった。僕はネコのなんとなく媚びない感じとネコ顔の女子がが好きなんだけど、犬の忠実な感じがとにかく良かった。ネコじゃあーはならんしね。動物って良いね。ただ、川島なお美とかが飼ってるあーいった犬はなんかスゲーむかつく。犬に服着せてる自称セレブの自慢げなツラはイラつかされてしょーがない。ペットとは硬派で友達な関係が望ましい。理想はJoJo3部のフレンチ・ブルのイギーとポルナレフとの関係。ヴァニラアイス戦とか泣けるんだこれがまた。
[PR]
by amserone | 2007-11-20 15:31
Impermanence of all things
e0091323_1354770.jpg


正月みたいに寒さ。こたつでモクモクと映画でも観たいぜ。で、先週末、中野のhevy sick zeroへK君、JUCO君がDJするってんで遊びに。初めて行ったんだけど、いいクラブでした。バッティングしてなかったらasiaでのin bussinessにも行きたかったんだけどなー。誘ってくれた貴史、大自然ごみーん。来年、行きます!hevy sickではもとターンテーブルバンドを組んでたryotaもメインフロアーでDJしていて、久しぶりに彼のDJ観たけど、はんぱねー!久しぶりに相当飛ばされました。スクラッチのセンスは言わずもがな、ものすごいテクニックのレベルが上がってました。エレクトロニカと、ドラムンを行き来するんだけど、根底にhip hopがばっちりある。僕が好きとするスタイル。DMCの大会出たほうがいいくらいのレベル。さすがryotaだぜ。一緒にかつてバンド組んでたのが誇りです。きっと、これからもっと世に出て行く人間。名前をお忘れなく。んで、その日は飲んだ。これでもかってくらいショットした。もちろんリバースも。だから次の日、腹筋筋肉痛。手っ取り早いテキーラショット、味とか最低だけど、やめられん。
[PR]
by amserone | 2007-11-19 14:14